ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

脱走!

椅子にかけ寛ぎコーヒータイム

寛ぎ破るどでかい足音にドキッ

気のせいかと強く思いたい瞬間

淡く虚しい期待見事に裏切られ


急ぎペットの部屋に目をやるとxevy=anneのケージの蓋が5cmほど開いたまま。もっとも厄介なやつの脱走。俊敏にして活動的で慎重、滅多なことじゃトラップにかからない。


急ぎ孟宗竹の一節を窓際に寝かせて彼女の登場をじっと待つ。なかなか現れない。現れても竹筒の入口あたりの匂いを嗅ぎ回るだけですぐに姿を消してしまう。


筒だけじゃ入りそうにない。彼女のシェルター、と言ってもネスカフェゴールドブレンドの空き瓶だが、も併用。それを竹筒と向かい合わせにセット。一旦シェルターに入ったが持ち上げようとしたときに取り逃がす。


なにもないんじゃ入らない。そこでシェルターの奥にヒマタネ。しかし、ヒマタネだけ取ってすぐに出てしまう。そこでシェルターと竹筒の両方にヒマタネ。しかも、シェルターと竹筒をくっつけて彼女が入れる最小限の狭さにセット。


3回目にやっと彼女の身柄確保。竹筒に入った瞬間シェルターと竹筒を合体。すかさず竹筒を立てて見事身柄確保。彼女は竹筒の中でしきりにもがく。シャラシャラシャラと竹筒の内壁を引っ掻いている。いつもの音。


ケージに戻すときも慎重に。竹筒ごとケージに投入。そうしないと一旦手に載せて戻すとその時再度の脱走の危険があるから。ケージに戻すとまずは水。脱走でかなり緊張したらしくかなり長いことゴクゴク。


welcome backのご褒美におやつたっぷり。100g目前で既に大幅な体重オーバーだがこのご褒美は例外にしてやろう。既に理想体重の3,4割増しなんだが。


余談:the only one blogger?
 Tomoeさんがブログ投稿を止めるという告知。するとnanoがスナネズミ集落唯一のbloggerということ? がんばらねば。ペットショップのお姉さんを投稿に誘ってみるか。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。