ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

どでかぁ~!

スイッチ入れてもogしか示さない

デジタルキッチンスケール分解し

組み立てなおして測ってみると

ほんのひと時動作した結果は・・



まず測定結果は次の通り
xevy=anne    97g ♀
フッキー   115g
のっこ=mai   57g ♀
bb.フォイラー 96g


まず注目すべきはxevy=anneの驚くべき体重。同じ女の子、のっこ=maiはおよそ半分。伸び盛りの男の子のbb.フォイラーよりも重い。途中でまたしても計器の不調で測れなかったワイショーとクロベールだが推定ではワイショーはフッキーと同じ115g,クロベールはおそらく85g前後。


フッキーとワイショーは男の子の中でもデブ系。普通は男の子は100g前後のはず。それから見るとxevy=anneがいかに重いかということがわかる。でも、見た目はその体重にも関わらずすっきりスリム。バリバリの筋肉質。黒毛なのでむしろ小さく見えるほど。


ちょっと心配なのはのっこ=mai。我が家に来た3月には55gだったが、ドカ食いで一時は61gまで増えていたのに来た頃よりたったの2gしか増えていない。水を大量に飲むことや尿の量が多いことなどから糖尿病ではという疑いも。要経過観察。これからはタンパク質を多く与えよう。


それにしてもデジタルスケールの不思議。型番はKS252, made in chinaらしい不可思議な動き。DORETEC社扱い。以前から起動直後の8888なんちゃらの後意味不明の文字が出て”0”にしてから計測していたが突然いくら負荷をかけても0から変化しなくなった。


ダメ元で裏蓋のシールを剥がしてネジを外してプリント基板も外してチェック。機械も電子機器も全くの門外漢。原因不明。しかし、プリント基板と液晶表示部の接点が不適当だということは分かった。組み直して奇跡的に一時使用できた。かなり精密な組み立てが必要だと感じた。


位置決めのためのねじへの接着剤はされてなかった。位置決めのためには必ずねじの接着がされるはずなのにそこはやはりmade in chinaか。プリント基板の裏面のたくさんのターミナルと液晶基盤の接点をどう接続するかがポイントらしい。もう一度分解して組み直そう。ネットで調べなくちゃ。


余談:投稿者が減るかも、いよいよ過疎化深刻
にほんブログ村のスナネズミ集落のbloggerが投稿止めるという告知。そうなると投稿者はnanoだけということもありうる。アメブロからなので設定をかなり詰めてないとやはり負担なのか。で、nanoはアメブロから引っ越してきたわけ。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。