ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

血だらけ

ユニークなfurの持ち主たる

ダンディーなフッキーが血だらけ

鋭い爪でしきりに耳をひっかく

脱脂綿で血を拭き取る時グッタリ



ノーマル系パイドでアメリカ生まれのフッキー。ノーマル系なのに黒い毛が少なく茶色の毛も少なく全体がやや白っぽい。見た目がとってもダンディー。ハイイロオオカミみたいなfurの持ち主ながらやたら臆病。


そのダンディーなフッキーが、朝耳元がピンク。もともとパイドで首周りが白いショール状の毛で覆われている。しかし、耳の下は両方がもともとうっすらピンク。そのピンクの色が今朝は少し濃かった。朝は普段通り飲み薬投与。


夕方見ると右耳の下が血だらけ。水を含ませた脱脂綿で丁寧に拭き取ってやる。少し暴れたがやがておとなしく目をつぶって拭き取り作業に協力していた。ぐったりした様子から出血量が多かったのかと気になったが、夜再び見てみたら何事もなかったようにしていたので安心した。


脱脂綿で血を拭ってやると毛がべったりりとして左右対称が崩れてなんだか変。毛足は結構長いのがわかる。鋭い爪で引っ掻いたので最大の大きさのときは耳が潰れるくらいに大きかったのに投薬で3分の1くらいまで小さくなったが更に小さくなっただろう。


余談:xp機を再活用~fluxbox on debian第2弾をこれから書きます。


鋭い目つき

ねじぃは天使のネズミ


時折見せる鋭い目つき


脱走直後からの数日間


バリバリ物を食べる時



普段はノホホンとしてまるで微笑んでいるような口元といい、可愛い仕草からまるで天使のネズミ。しかし、そんなねじぃも時折鋭い目つきになり野生を強く覗かせるときも。それは脱走直後の数日間と物を食べている時。


脱走している時そして捕獲されて無事ケージに戻った直後から数日間は鋭い野生の目付きに。無理もない。安心安全なケージの中と違ってケージの外は野生のときと同じ何時敵に襲われるかわからない。ケージに戻ってからもかなりの期間鋭い目つきは続く。そしてやがて穏やかな目付きが復活。


物を食べるときもやはり鋭い目つき。手に取った食物はおやつであれペレットであれとにかく油断しない。そればかりか一人安心して食べられるようにとコーナーに鼻先を向けてひたすら「孤食」。ヒトのように和やかに会食などありえない。それは食物が豊かではない地域が原産地ゆえのdnaに刷り込まれた習性か。また、仲間同士への警戒ばかりではなく天敵からの襲撃にも警戒を怠れないのだろう。


鋭い目つきだからといって決してそれが嫌いというわけじゃない。それはそれでメリハリが効いていてまたいい。


余談:ひっそりとして新規ブログスタート
 ジムのお友達に誘われた。余談にpcの話が多いけど、新たに別のブログ立ち上げたらと。
そこでろくに多くの皆さんの期待もなくひっそりと新規ブログを立ち上げ。内容は世の中に掃いて捨てるほど溢れたwindows xp macineを何とか再活用できないものかというプロセスを書いていくもの。


ムラゴンで立ち上げたいと思ったがダブルエントリーが可能かどうか不明だったので愛用の「はてな」のサービスから立ち上げ。はてなのサービスの中でも「グループ」と言うものがあって一つのテーマについて仲間内で議論するものだがdiaryとリンクを張らなければ設定できないと言うので諦めた。また、pcとかのジャンル選択でもテクノロジーとかしかなくてちょっと恐れ多く違うかなと。


タイトルは、
xp機を再活用~fluxbox on debian
http://nano17910.hateblo.jp/entry/2017/09/10/134244


乞う、ご期待!





食欲回復

真夏の暑さにもペレット減らされても

そんなの全く関係ねぇと言わんばかりの

フッキーとxevy=anne以外の個体たちは

このところ食欲回復体重もグンと増え


早くも老人性ヤセの進行かと心配されたワイショーとクロベールもこのところやや体重が戻ってきつつある。めでたい。この2匹の兄弟は若い頃はワイショーが一時は130gもあってクロベールはずっと90g前後だった。


今年の2月に満3歳になり、食欲は若干ダウン。それに伴いクロベールの体重も80gオーバーで推移。一方のワイショーは水をがぶ飲みするようになり90gを割ってからさらに急減。一次はクロベールの体重を下回り逆転。


今朝の計量でやっとワイショーの体重がクロベールを上回った。これで良し。生き残った2匹の兄弟の理想体重はクロベールのものが良さそう。彼は生真面目できちんとペレットを齧ってきた。おやつを欲しがるワイショーとは対照的。でも、最近はあまりおやつを与えないことにしている。おやつ依存症になると栄養が偏るので。


重量級の個体は相変わらず。xevy=anneは女の子なのに91gもあり、アメリカンデブのフッキーは相変わらず120gをコンスタントに維持している。この間xevy=anneは日量ペレット8粒から6粒にフッキーは8粒から5粒に減らされているのに、不思議。


余談:近々新規ブログ立ち上げ予定~テーマは仮称「xp machineを再活用」の予定
今頃なんだよ!なんて言われそうだが結構xp machineは粗大ゴミ的に残されているとジムの友人から。windows machineはmacと違ってoff lineで使用されることは少ないかも。で、linux machineとして復活させるのはどうよ、というご提案など。