ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

鋭い目つき

ねじぃは天使のネズミ


時折見せる鋭い目つき


脱走直後からの数日間


バリバリ物を食べる時



普段はノホホンとしてまるで微笑んでいるような口元といい、可愛い仕草からまるで天使のネズミ。しかし、そんなねじぃも時折鋭い目つきになり野生を強く覗かせるときも。それは脱走直後の数日間と物を食べている時。


脱走している時そして捕獲されて無事ケージに戻った直後から数日間は鋭い野生の目付きに。無理もない。安心安全なケージの中と違ってケージの外は野生のときと同じ何時敵に襲われるかわからない。ケージに戻ってからもかなりの期間鋭い目つきは続く。そしてやがて穏やかな目付きが復活。


物を食べるときもやはり鋭い目つき。手に取った食物はおやつであれペレットであれとにかく油断しない。そればかりか一人安心して食べられるようにとコーナーに鼻先を向けてひたすら「孤食」。ヒトのように和やかに会食などありえない。それは食物が豊かではない地域が原産地ゆえのdnaに刷り込まれた習性か。また、仲間同士への警戒ばかりではなく天敵からの襲撃にも警戒を怠れないのだろう。


鋭い目つきだからといって決してそれが嫌いというわけじゃない。それはそれでメリハリが効いていてまたいい。


余談:ひっそりとして新規ブログスタート
 ジムのお友達に誘われた。余談にpcの話が多いけど、新たに別のブログ立ち上げたらと。
そこでろくに多くの皆さんの期待もなくひっそりと新規ブログを立ち上げ。内容は世の中に掃いて捨てるほど溢れたwindows xp macineを何とか再活用できないものかというプロセスを書いていくもの。


ムラゴンで立ち上げたいと思ったがダブルエントリーが可能かどうか不明だったので愛用の「はてな」のサービスから立ち上げ。はてなのサービスの中でも「グループ」と言うものがあって一つのテーマについて仲間内で議論するものだがdiaryとリンクを張らなければ設定できないと言うので諦めた。また、pcとかのジャンル選択でもテクノロジーとかしかなくてちょっと恐れ多く違うかなと。


タイトルは、
xp機を再活用~fluxbox on debian
http://nano17910.hateblo.jp/entry/2017/09/10/134244


乞う、ご期待!





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。