ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

やっと

長~いこと延び延びだった

ツンツンbsの床材完全交換

友人のシュレッダーダスト

ちょっと硬いけど気分一新


ほかのケージはとっくに床材交換を終えたのに、ツンツンbsの分は2度に亘ってパス。お陰で床には糞尿と床材の硬いマウンドが発生。ミニちりとりじゃぁとても剥がせない。そこでスクレパーで剥ぎ取り。ゴロッと剥がれた。


ワイショーとクロベールは相変わらず「掃除の邪魔の達人」ぶりを遺憾なく発揮。ちりとりに載ってくる、箒に噛みつき、スクレパーに絡みつき。それでもいつもよりましなことも。床材を完全撤去して雑巾で床や壁面を拭き終わってチビったのはたったの一度だけ。


次は彼らの家具類、ホイールやシェルター、ホリホリシミュレータ、爪研ぎ用の植木鉢そして同じく爪研ぎ用のはんぺんレンガを水洗い。どれも糞尿でぬるぬるドロドロ。あっという間にバケツの水はドローンとよどみ雑巾はベトベト。


雑巾を洗うと抜け毛がびっしり、抜け毛は壁面にもびっしり張り付いていてガラス製の水槽なのに外からは中が見えないほど。彼らの体にも抜け毛がびっしり。これからもどんどん抜け落ちるらしい。彼らの夏毛と冬毛はちょっと目には区別が難しい。しかし、夏毛になると毛が小さな無数のブロックになり皮膚に空気が触れやすくなるらしい。


気になっていたツンツンbsの床材交換がやっと終わった。次はもっと気になるbb.フォイラーとのっこ=maiのケージ。こちらの二つは床材交換の比じゃないほどの難物。というのはどちらも仮のケージなので。


交換に使った床材は友人から貰ったコピー用紙のシュレッダーダスト。同じコピー用紙由来ながら以前使っていた管理事務所にもらったものより安全。管理事務所にもらったものはホッチキスの針がついた魔処理されていたのでその針が刺さる恐れもあった。友人からもらったものはそれらを丁寧に除去されたもの。


床材交換すると緊張と興奮で喉が渇くらしい。作業が終わって水を与えるとずいぶん長いこと水をゴクゴク。


余談:ランキングのすべてがinが0だなんて!
 他のbloggerにnanoが「ポチッ」した分は全く反映されてない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。