ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

ためらい

互いに強い関心を示しているのに

どうしても踏み切れないためらい

気の荒い女の子の過去がそうさせる

ダンディーに怪我をさせてはと



24日はxevy=anneが我が家にやって来た日。その日に彼女をフッキーに対面させようと思っていた。疲れが溜まっていたので夜中の予定をキャンセル。記念の日にふさわしいおやつをちょっとだけ多めにしただけ。それだけで眠りについたnanoだった。


今ひとつ同じケージに彼女を持っていくのにためらった理由は、彼女の気の荒さ。その犠牲者は今は亡きジャジャミーナ。ケージ越しの対面に事もあろうにxevy=anneは友好的な態度のジャジャミーナの口元に噛み付いてしまった。それをつい思い出してしまって同居に踏み切れなかった。


今夜も遠い所からの対面だけ。フッキーもxevy=anneも大興奮。遠くからの両者の対面の後は両者とも喉カラカラ。水を差し向けると両者とも長いこと飲み続けた。多分、あくまでも多分なんだが、xevy=anneは同性ならともかく異性に対しては友好的だろうとは思うんだが。踏み切れないでいる。しばらく関心をもたせ続けることに。


余談:
google日本語入力が大不調。microsoft imeもgoogle日本語入力も文末変換に設定。センテンスごとに自動変換されるのはいいが誤変換のときの対処が今はできない。変換対象の文節にアンダーラインが移動しないので右矢印で移動されるけどどこを指しているかわからない。早くこのバグをfixしてくれないと記事のアップが面倒で仕方ない。


12/27確認事項 この現象はmuragonブログでのみ発生していることが判明。windowsでのワードパッドなどでは発生していない。正常に変換対象の文節のアンダーラインが移動している。muragonにfixを依頼しなくちゃ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。