ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

兄弟の証は その1

同じケージに入れられて売られているのは兄弟


その可能性は大だがそうとばかり言えない事情も


同じ時期に生まれる子もブリーダーの許には一杯


でも黒い子以外には兄弟の共通点も沢山あるはず



兄弟といえども性格はまちまち。それだけねじぃは個性的。兄弟が作る集団でも立派に一つの世界。それぞれの個性に応じた役割もあろうはずなので、「みんな違ってみんないい」筈。


生まれた子がみんな同じ真っ黒けだってそれぞれに個性的。勇敢な子や極端なビビリもいるし、食の細い子もいればドカ食いの食いしん坊だっている。それだけじゃない。仕草だって個性が出る。


同じケージで売られている子は同性で同じ大きさならまず兄弟と見ていい。そんなことはペットショップだって訊かれてもわからない。多分「高い確率で兄弟ではないかと思われます」と答えてくるはず。


で、我が家のツンツンbsの話。bsってのはbrothersの略のつもり。このbsをつけて呼ぶのは3匹はいかにも兄弟だなぁと思わせる共通点があったから。幸い3匹には黒い子はいなかったので、3匹の毛色に共通点が見つかった。今回は画像なしの記事。で、次回に画像付きでその共通点を。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。