ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

変化

クロベール亡き後ワイショーが変わった

再び久々にnanoの手に載ってくるように

一人ぼっちになって親分格の維新は不要か

またxevy=anneも手の甲にだって載ってきた



ワイショーは今なお尻尾をくるりと巻いて走り回る。クロベールが元気な頃には若い頃を除いてはnanoの手には載ってこなかった。ところがクロベールが亡くなってから急にnanoの手に載ってくるようになった。やはりかなり寂しい思いをしているようだ。


xevy=anneも変わった。このところしばらくnanoの手には載ってこなかったのにクロベールが亡くなってから急に手載り復活。しかも掌ではなく、若い頃のように手の甲にも。太り過ぎで激しく肩で息をしていたがペレットやおやつを制限してだいぶ呼吸は楽になった。


あまりにも呼吸が苦しそうだったので、この次ケージの蓋を開けたらもしかしたら死んでいるかもとも思えたほど。しかし、さすがに黒い子は強い。しっかり生きていた。今朝体重測定。78gにまで減量。このまま70g台を維持させたい。女の子にしてはそれでも十分デブなんだが彼女は骨太らしいのでそれくらいは仕方ないかも。


残された4匹のうちnanoの手に載ってこないのはbb.フォイラーだけに。彼は並外れたビビリヤン。nanoの手に載っているときでも何かに怯えていきなりジャンプすることも。今このbb.フォイラーとxevy=anneには朝夕8粒ずつのペレット。1匹あたり4粒ずつ。だからかなり少なめ。そのうち以前のようにおやつ目当てに再びnanoの手に載ってくることもあるかも。

食い過ぎっ!

ケージの蓋を開けるといつもなら

先ず真っ先に水を飲みに来るのに


今朝はホイールの影に身を潜める


太り過ぎのデブxevy=anne大丈夫か



身を潜めるホイールの下で体を大きく上下に揺すって肩で息するxevy=anneだが生きてはいる。手に載せてヒマタネを与えてもいつもと違って食べもせず。手の上でも体を大きく揺らしている。かなり呼吸が苦しそう。


若い頃には100gにも達した女の子、xevy=anneだが満2歳を過ぎての今の90gはかなり危ない。bb.フォイラーとカップリングするときに懸念されたことが現実のものに。男の子のbb.フォイラーは一時は100gに達したものの食は細めで今では90gを切る体重。だから投入したペレットの消費量は6:4くらいの割合でxevy=anneのほうが多く食べがち。


一時はxevy=anneをもとのケージに戻して独房生活を送らせようとも考えた。しかしそれは彼らの心情を考えると両者に大きなストレスがかかり却って命を縮みかねない、とりあえずペレットの投入量を1回あたり12粒から10粒に。そして翌朝の様子を見ようとした。


今朝は彼女はかなり回復。呼吸もだいぶ楽にしているし食欲も回復。何と言っても「食欲」というのは彼女の「得意技」。これからは両者に少なめにペレットを投入して少なめになったbb.フォイラーにはおやつで調整しよう。


xevy=anneが苦しそうに呼吸をしているのを見てクローの死を思い出してしまった。クローは我が家初のねじぃ、ナチュラルfurのオスのガッツと男の子として迎えたライラックのライラの間に我が家で誕生。乳離れした後の短い一生を送った。


クローは並外れた体格で食欲旺盛。自分の分前を早々と平らげて親父のガッツや兄弟からも食物を分捕ったり他の個体の食べ残しを拾い食いするほどだった。拾い食いは親父譲り。食物のぶんどり方もすごかった。親父や兄弟が咥えた食物を共に咥えて走り回ってついには引きちぎって奪うほど。普通は他の個体が咥えたものまで奪おうとはしないと言うのに。


ねじぃの食べ過ぎにご注意。彼らは程々という食べ方はできない。食べ物を与えすぎて肥満になるとそれが原因で早死。糖尿病などの成人病も発症。野生では肥満になるほど食糧事情は豊かじゃない。よって肥満に対する耐性もないかも。


にほんブログ村の投稿がすっかりなくなってしまっているのは、もしかして食べ過ぎで早死させているのでは? または、ヒトサマの食べる塩分や糖分が強いものを与えたりとかしなかったですか? 今度お迎えするねじぃにはぜひ彼らには「粗食」を!


昨日我が家では2匹の兄弟に先立たれて独りぼっちになってしまったワイショーがめでたく満4歳を迎えました。まだまだ元気、めでたい。

食べてない!

クロベールが逝ってしまって


寂しくなっちまったワイショー


3兄弟がついにひとりぼっちに


食いしん坊なのに食欲ダウン



3兄弟がライリー=ホイランを失ったとき、残されたワイショーとクロベールはかなり長いことライリー=ホイランを探し回った。ケージの蓋を開けるといつもケージの上の方をキョロキョロ見まわったり、シェルターやホリホリシミュレーターの中を見て回り入ったり出たり。


今度はあまり探し回っているふうには見えない。しかし、12時間おきくらいに入れている4粒のペレットが全く減っていない。つまり12時間は何も食べなかったわけだ。やはり多くの個体がするように夜通しケージの中を探し回っているらしい。


朝は水をいつも以上にガブ飲み。かなり喉の渇きが激しいらしい。計量してみるとなんと、たった76g。他の個体もペレットの消費量は少ないのは確かだが一粒も食べていないというのはワイショーだけ。クロベールが亡くなってワイショーがショックを受けているらしい。


ワイショーは他の個体ほど亡き者を探し回るのに自らの命を縮めていない。それはクロベールが亡くなったあと、横になって動かなくなったクロベールを揺り動かそうとして足の毛を引きちぎったことを通して彼の死を認識したのではないかと思われる。また、亡くなった日の夜明けにはおどろくことにクロベールのチャームポイントの大きな右目がえぐられてなくなっていた。眼をえぐったことでもクロベールの死を認識したのだろう。


ワイショーは今朝の計量でやっと80gまで回復。今後この体重を維持すべくいつもの「食いしん坊」に戻れよ!