ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

シラクモ?

黒々と艶光する毛並みにハゲが

背中の曲がったところのすぐ下

こすってハゲるところじゃなし

見れば皮膚は灰色でブツブツも



我が家のスーパー・ブラックジャービルにして女王様でもあるxevy=anneの話。間もなく我が家に来て2年に。それはクリスマスイブの日。


まっくろけで女の子にしてはやたらにデカイ100g超級。今やダイエットでやっと83gに。それでも女の子にしては十分デカイ。同じ黒い女の子である、のっこ=maiなんていくら食べても62gを超えることはないと言うのに。


彼女は頭もいいし、デカイのに敏捷で、女の子らしく縄張り内の環境保全も欠かさない。おかげで鼻先はいつも負傷か血が滲んでいる。しかし彼女の一番のチャームポイントはその艶々黒々のfur。しかしその大事なチャームポイントに突然のハゲ。


ハゲが見つかって治療をと考えたがヒトサマ用の薬を与えるには躊躇も。とりあえずハンドクリーム。少し改善。その後彼らのケアの前にnanoの手の消毒にかならず使う消毒用アルコールを。より改善。しかし、毛先が切れているのはまだ治らず。


噂に聞くシラクモというものか。この頃はあまりシラクモの患者を見かけない。以前はかなり見られたらしい。nanoも幼い頃には同級生などがシラクモにかかっていたのを見たことがある。


薬店で水虫薬の効能書きを見たがシラクモに効用があるとは書かれていない。シラクモは水虫と同じ白癬菌と関係があるらしいのだが。しばらく様子を見て対策を探そう。


ハゲた部分は小指の爪の大きさの半分ほど。だいぶ目立たなくなってきた。


余談:bb.フォイラーの脱走
テレビを見ているとときおりカサッという音。積み上げたものが転がり落ちたかと思ったが、ひょっこりbb.フォイラーが顔を出す。近寄っても逃げる様子はなかったが手を伸ばすと姿を消した。
急ぎ竹筒を彼の行動範囲にセット。ものの1分もしないうちに彼は筒の中に。彼らのサガのおかげで無事御用。


ケージの周辺はゴミが散乱。小皿に入れておいたヒマタネもかなり食い荒らされていた。しかし、全部食べたわけでもなかった。不思議。xevy=anneのケージの蓋には2,3箇所糞尿。治療に使っていた綿棒の綿の部分を食いちぎっていたし、あるものは綿が3倍位にほぐされてフワフワにも。


さすが乱暴者。ケージに彼を戻すといつものようにホイールはひっくり返されていた。毎度、おおきに。




若返り?

長いスパンで細っていたのに

このところ体重が急に逆光し

食欲も相変わらずバリバリで

4歳近いご老体とは思えない


ツンツンbsのワイショーの話。原理主義者と思えるほど忠実な生き方の同居のクロベールに比べて体重が逆転してからも痩せていっていたワイショー。クロベールがきちんとペレットを食べて80gの体重を維持していた。それに対して一時は120g以上もあったのにクロベールの体重を下回ってからは10日か2週間に1gずつ減ってついにクロベールの体重を下回ってしまっていた。ワイショーの直近の最低体重は73gだった。


ところが今朝測ってみてびっくり。再度クロベールの体重を上回った。クロベールが80gだったのに対してワイショーは82gに。もともと食物に対する執着は異常なほど強かったワイショー。しかし、朝と夜のケアのときに与えるおやつのおさつと麻の実などが主食かと思われるほど投入したペレットの減り方は少なかった。


夏場にヒマタネに虫がつき、袋ごと冷蔵庫にしまい込みヒマタネを与えてこなかった。彼も今や「老後」。生きているうちは幸せに日々を送ってほしいと思い再びヒマタネを与えることに。そうするとわずか2,3日で体重が増えた。この分だと健康的なクロベール共々無事新年を迎える事ができそう。


ワイショーとクロベールのツンツンbsは今や3歳10ヶ月目に。めでたい!


余談:スニーカーソックス
 商品としては未熟。今後は買わない。本体のサポート力が足りないものが多いし、そのくせゴムがゆるすぎる。すぐに抜けてしまう。さらに、普通のソックスが底に穴が空いても上下逆にも履けるのにスニーカーソックスではそれができない。
来年からはちょっとだけ長めのショートソックスにしたい。

暴れん坊

ちょっとオツムがおかしいけど

とってもアクティブな暴れん坊

ホイールは倒すはガラスも齧り

ケージ中荒れ荒れbb.フォイラー


我が家一番の暴れん坊bb.フォイラーの話。スーパービビリヤンのくせにドカ食いの食いしん坊だから、恐れることなく掌に飛び載ってくる。ケージを開けるといつもホイールは横倒し。


シェルターの空き瓶は床も壁も糞尿まみれ。空き瓶を回転させながら瓶の縁を齧り、その中で糞尿を垂れるので、その中に潜り込むと体中に糞尿をまとうことに。だから彼のfurはザラザラでしかも臭い。彼に触れるといつも手を洗わなきゃいけない。


そんな暴れん坊なのにとびっきりのビビリヤン。突然何かに怯えて身体を痙攣させたり、ケージ内を走り回ったり。それだけビビリヤンだと人を恐れるかと思えば、さにあらず。彼は同時にドカ食いの食いしん坊でもあるので、掌を差し出すとおやつをもらえる、とばかり掌に飛び載ってくる。実に愛すべきキャラクターの持ち主。


彼は単独ケージで飼育されているけど、ジャービルの常として集団生活しているときはおそらく仲間として当然に受け入れるだろう。ジャービルの集団ではそれぞれの特技や性格によってそれぞれの持場がある。決して阻害されたりいじめられたりはしない。人も少しはジャービルを見習ってはどうかと思うことも。


この次ケージを開けたら、横倒しのホイールを見ても、よくもまぁ倒したホイールでケージのガラスを割らなかったねぇと少しは褒めてやるか。