ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

「ブルータス、お前もか!」的な

このところxevy=anneがいきなり手に載っては来なくなった


ケージの蓋を開けるといつもホイールの陰に身を隠して動かず


麻の実を向けると素早く寄ってきてそれをさらってまた物陰へ


3粒以上渡さないと手には載って来ないジャジャミーナと同じ



表題の「ブルータス、お前もか!」とは全く異なるものだが思わず言いたくなる。ねじぃは幼児期を過ぎると野性が強くなるらしい。警戒心が強く臆病な野生。つい最近までジャジャミーナも同じだったが、今ではほとんど手には載ってこなくなった。よほど足場が悪い所からでないと手には載ってこない。


先輩のツンツンbsなどは今では手を差し出してもほとんど載ってこない。それどころか、ケージの縁に飛び上がってきて不安定でふらふらしながらもよほどのことがないと手には載ってこない。


この記事のヒロインはxevy=anneだが、今ではケージの床からnanoの手に載ってくるのは麻の実を3粒以上受け取ってから。ただし、例外も。それはケージの蓋を開けた時、彼女がホイールを吊るしている金具のてっぺんによじ登って脱走を試みようとしている時。


その時は、ケージの蓋の直下に彼女。フタを開けるとすぐに脱走できる位置にいるわけだが、それなりにかなり不安定な足場にいる。その時手を差し出すとすんなり載ってくる。手に載ってくるとすぐにおやつ探し。すぐにおやつを手に載せないと肘の方に走り寄る。それを掌に戻そうとするとヘタをすると噛み付いてくる。緊張の一瞬。


それでは、今では皆大人になってケージに手を入れた時どの個体も手には載ってこないかというと実はそうじゃない。稀に、一月か二月に一度くらいは載ってくことはある。それにはどういう条件があったのかは全く不明。単なる気まぐれ? でも、そんな時はそれからの一日なにか良いことがありそうな予感。嬉しい瞬間。


余談:

リューマチの初期症状ではという不安。薬指の第2関節が両手とも痛い。痛みの原因に思い当たらない。朝起きた時指の関節がなんとなく傷むことも気がかり。


目薬の木の思わぬ効果も。数年に一度くらい花粉症の症状。この時「目薬の木」を煎じて飲むとすっきり収まる。今年も即効だった。タラァーと垂れていた鼻水はなくなった。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。