ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

ラブコールに反応か

真黒毛「くのいち」のxevy=anneが久々に脱走

隣り合うフッキーのケージに向かってジャンプ


ジャンプの先はケージの蓋にあらずそのまま転落


ラブコールの発信地には行けず好奇心のまま徘徊



よりによってもっとも捕獲が困難な女の子xevy=anneが脱走。身のこなしが敏捷で、しかも用心深いのでその存在を把握しづらい。捕獲するのに使う竹筒にもなかなか入らない。しかも、冬でも女の子は男の子に比べて耐寒性が極めて高い。


かつてライラが真冬に脱走した際には延々30時間に亘って身を潜め、その生死さえ不明。無事捕獲した際健康上には何の影響も見られなかった。たった12時間逃げ続けて捕獲した際には水も食べ物も受け付けないほど衰弱していた男の子とは大違い。


猛烈異性に関心のある子、xevy=anneは離れたケージから聞こえてくる声に反応してのことか、ジャンプする位置はnanoから一番遠くはなれたところでジャンプ。そのポイントではフッキーが時折ケージの蓋の隙間から鼻を出している。声もそこから漏れているらしい。


さんざん逃げ回って正対した所に竹筒を寝かしたけど入らず。竹筒を避けてスロープに登ろうとしたところを手掴み。xevy=anneは目玉が飛び出すこともなく無事ケージに。いつもなら脱走直後は興奮していてのどが渇いて水をがぶ飲みするのだが飲まず。なおも脱走を企てケージの上をキョロキョロ。


今回の脱走は「お見合いさせて!」というリクエストか。今夜あたりケージ越しにでも3回目のお見合いをさせてみるか。もしかしたら短時間の直接デートも。異性間ではいきなり相手を傷つけることはなさそうなので。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。