ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

遺族たち2

このところ男の子たちに異変

なんと鼻先の出血やにじみが

女の子にあるが男の子には稀

それは遺族の男の子たちだけ



鼻先に出血や血のにじみがあるのは、愛妻に先立たれたフッキーそして兄弟のライリー=ホイランを失ったツンツンbsの生き残り、遺族であるワイショーとクロベール。これまでめったに鼻先を痛めたことがなかった男の子たち。


これら3匹は今だに「愛する亡き者)を探し求めている模様。床材をほじくり返したり狭い隙間に鼻を突っ込んだりを繰り返していてその際鼻先を痛めているらしい。このようなことは男の子たちはあまりしない。だから男の子たちが鼻先を痛めることは極めて稀。逆に女の子は鼻先の皮が固くなって怪我をしなくなる前まではいつも血だらけ。


ねじぃたちを擬人化してみるつもりはないが「遺族」たちは淋しげに見える。でも、それは実は立て続けに2匹を失ってしまった飼い主であるnanoの心情を投影したものにほかならない。


このところねじぃたちのケアを始める前のワクワク感が少し下がっている。それはつい、「あの子達はもういないんだ」という思いが先走るからかも。


もしかしたら本当の遺族はnano自身かも。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。