ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

手乗りにはなったものの

ホイール入りで蓋をしてしまった

水さえあれば脱走しないだろう

それがあまりに甘かったぁ

脱走に味をしめ本格脱走



散々苦労して身柄確保のbb.フォイラー。水が欲しくて脱走したのだろうとケージに戻して水を与えるも全く飲まず。ふと彼の胸元に手を差し出すと勢い良く載ってきた。偶然かと再び手を差し出すとまたも。偶然じゃなかった。何度手を差し出しても載ってくる。


手に載って来てもすぐに肘の方まで登ってくる。彼の鋭い後ろ脚の爪で蹴られ続けて肘のすぐ下が真っ赤に。掌の上ではおやつは全く取らないし食べない。彼の興味は手から離れた「自由空間」。一度脱走した個体は野生のスイッチが入って眼がきつくなる。鋭い目つきで周囲をしきりに睨みつける。目が怖いぜ、bb.フォイラー。


なぜ手に載ってくるようになったか。手に載ってくると容易にケージの外の景色が見える。彼はそう直感したらしい。なぜなら差し込んだ手の肘がケージの縁に直結。腕のスロープを登れば外に出られる。そう考えたらしい。


手のひらに載ってもじっとしていないが、顎のあたりをなでなでしてやると「チュウチュウ」とよく鳴く。手に載って来て肘まで走り登るがその先にツンツンbsのケージの蓋。そこに降ろしてやると興奮してその上を走り回る。彼にはいいお散歩。そこでは興奮しているのでおやつを差し出しても全く見向きもしない。


このところおやつを差し出しても受け取らないことが多い。かなりの食いしん坊なのに。しかし、麻の実を差し出すと3回のうち1回は受け取るけど、大概は手に載ってくる。手に載ってくるのはいいができれば掌の上でおやつを食べてもらいたい。


余談:
最近町に出る楽しみがなくなった。以前は本屋と喫茶店に入るのが楽しみだったのに。本屋はどんどんなくなっているし、あっても求めている本をおいている店は少ない。プログラミング言語haskellに出会ってからの不幸。
喫茶店はコーヒーがおかわりできないとつまらない。結構飲むので1杯だけじゃ物足りない。いつも最低でも3杯は飲む。
こんな余談はむしろtwitter向きかも。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。