ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

食べた!

掌に載ってきても

おやつをあげても

食べなかったのに

今日初めて食べた


なかなか名前がつかなかったbb.フォイラー。はじめはやむなくsiebt(7番目)という仮の名だった。そのせいかせっかくつけた名前さえ忘れてしまっていた。過去の記事を見てやっと思いだした次第。


どこで生まれたのか知らなかったが、今日改めて「動物販売管理台帳」なるものを見たらチェコ生まれだということが判明。彼を買い取るときにペットショップから受け取ったもの。


チェコ生まれといえば、我が家に初めて来たジャービルであるノーマルのガッツもそうだった。2010年の秋だった。懐かしい。亡骸を近くにおいておきたかったので彼は今我が家のベランダのプランタの中で眠っている。


で、bb.フォイラーだが、彼はこれまでにないほどの「超」が付く程のビビリヤン。ケージの外を見たいばっかりに掌には載ってくるが、掌の上では興奮しまくりでおやつを差し出しても全く手を付けない。


それだけじゃなく、ちょっとした小さな物音にさえ激しく反応。のみならず、他のケージからの物音にも。特に他のケージから聞こえてくる「ドスドス」という警戒音があると掌からもジャンプして何処かへジャンプして脱走する危険も。


掌からツンツンbsのケージの蓋の上に飛び移ると興奮しまくりで走り回る。漏らし放題。最近はその回数は1回だけに。それはウレションらしい。かなり慣れてきた証拠。試しに手のひらに載った時麻の実一粒を渡したら受け取って食べた。初めてのこと。おかわりを掌の上に追加するとそれも食べた。


しかし、彼はまだnanoの指と指の間の溝にハマったものを取り出すことはできない。掌の上で回れ右とかがまだできない。まだまだ緊張しているらしい。ネジぃは食いしん坊なのでもっと慣れれば掌の上のおやつを残さず食べつくすことだろう。その日が待ち遠しい。


掌の載っておやつを食べること、それは彼らの可愛さを愛でるためだけが目的じゃない。彼らの歯の健康チェックが主な目的。麻の実やヒマタネなどの殻を割って食べるためにはちゃんとした歯でなくちゃできない。それを目の前で見るため。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。