ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

トマト

トマトが赤くなると

医者が青くなるとか

健康に良いという事

人じゃなくネズミも


というわけでネズミにもミニトマト。でも1匹に一つじゃたとえミニトマトでも大きすぎ。そこで、6匹のネズミのためにミニトマトを6つ割り。


はじめは警戒する子もいたが皆それぞれ受け取って食べた。酸味があるしネズミにはどうかと思ってこれまで与えてこなかったが結構いい食いっぷり。今後もペレット以外の食べ物として提供していきたい。


トマト以外にも健康に良いお野菜。それはフッキーの耳の中にできた吹き出物(?)にいいかもと思ってキャベツやブロッコリー。これまでキャベツは与えてきたがブロッコリーなどの緑黄色野菜は抗ガン作用が強いということで。与えていきたい。ただ、ブロッコリーの小さな蕾の部分を食べないで散らかすのはぜひやめてほしいもの。


健康上の不安がある個体の近況。
ワイショー 間もなく3歳5ヶ月。流石に老人やせモードに移行。最高体重から3割ダウン。今や兄弟のクロベールと体重が逆転。120gあったのに今や80gしかない。今朝は76gにも。焦った。それは単にペレットの補充が遅れたからだった。水を大量に飲んでいるので糖尿病も疑われたが急激な体重減ではなさそうなのでひとまず安心。


のっこ=mai この子も水をよく飲む。おやつを差し出しても受け取らずひたすら水を求めてケージから飛び出して徘徊するほど。しかし、体重の変化は極めて小さい。57gから60gの間を変動するのみ。水の摂取量は個体差の範囲か。


フッキー 耳の中の吹き出物は3割ほど小さくなった後大きさは変わらない。ペレットを日量8粒から5粒まで減らしたので食欲はますます旺盛。体重は相変わらず120gで我が家一番のデブチン。水を飲んだあとでも動物病院でもらった飲み薬をがぶ飲み。ボトルのさきっちょにかぶりつくので傷だらけ。患部にもハンドクリームを塗ってやっている。変化なし。


xevy=anne 血の目やにはなくなった。それでも抗菌目薬の塗布は継続チュウ。ペレットを日量8粒から6粒にしてやっと体重が80g台に。しかし、ギリギリの89g。相変わらず食欲旺盛。11月に満2歳を迎える。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。