ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

看病チュウ

只今いっぺんに二匹も病気チュウ


一匹は既往症がまたまたぶり返し

心配なのは発病のもう一匹の方


ブログアップがご無沙汰チュウ


xevy=anneの目に血の目やに。これはぶり返し。抗菌目薬を薄めて綿棒で目を洗ってやること毎日。次第に回復。今回ばかりは飼い主の責任ではない。彼女に接する度に、丁寧に手をアルコール消毒を念入りにしてきた。


心配なのはフッキーの方。右耳に大きなコブ。耳をふさぐ勢い。彼は鋭い爪で引っ掻いているがそのコブは都度削られている。はじめは固くててっきりペレットを耳に詰め込んでいるものと勘違いしたほど。鋭い爪で引っ掻いても出血はほんの僅か。コブのほとんどが脂肪と思われる。もはや医師に見せる他ない。悪性腫瘍でなければいいが。


あまりにデブで脂肪がとうとう耳から飛び出ようとしているのかも。触っても痛がる風もない。出血も殆どない。もしかしたら右耳を引っ掻いたときにその傷口から袋ができてそこに脂肪が溜まっているのかも。


余談:lxde〜入れて後悔。
 いきなりfluxboxだけ入れると音が出ないとかネットが繋がらないとかのトラブルも予想されたのでlxdeでとりあえず使える状態にしてなんて考えたのが運のつき。lxde,情報少なすぎ。日本語入力が不調だったのでibus−mozcを入れたがそれも不調。付箋ソフトも長く使ってきたxpadを入れたがどうもこれまでと違う。その中で語句の選択も編集もできない。のみならず、その位置を移動できない。もはや邪魔者でしかない。付箋ソフトはrhinoteに入れ替え。こちらは素直に動く。


note pcへのlxdeのインストがtest installでよかった。旗艦のdellにはfluxboxをいきなり入れよう。そのほうがお勉強にもなるし。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。