ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

「xxはじめました」

遅ればせながらも今年も

ねじぃに冷奴始めました

糖尿病じゃあるまいかと

のっこ=maiワイショーに



蒸しオサツが食べつくされ、おやつに何かないかと探すうち、毎年恒例の夏場の冷奴に思い当たった。この冷奴、我が家のねじぃには大好評。誰もこれを拒否するものはいない。そればかりかおかわりを催促するほど。


主な提供先は糖尿病だと体力が落ち身体も痩せていく心配があるのっこ=maiとワイショーだがもちろん他の子全員にも。一度に与える量は小指の先の半分ほど。


実は冷奴以外にも体格を維持するのに適当と思われる煎り大豆を試しに与えようとしたが何故かどの子も食べない。彼らの口がおちょぼ口なので食べられないのかと思い小さく割ってやったがそれでも食べない。


余談:debianインストにトラブル続き
 usb-memoryのインストーラで何度もインスト。note PCにインストしたものは重すぎてやり直しが必要。なにせxp時代のpcだから。また、usb-memoryやsd-cardにインストしたものは立ち上がったり立ち上がらなかったり。
一つのインストーラで既に10回以上インスト。debian開発者はものすごい勢いでuserが増えてると勘違いしてるかも。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。