ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

食欲ダウン

いかに食いしん坊な奴らとはいえ

流石にこの暑さの中じゃ食欲ダウン

代わりに水を飲む量が一気に上がり

お腹膨らみペレットがしっかり残る


一昨年には夏の暑さ対策のために保冷剤を大量に買ってきたのだがそれをふたに載せると結露が発生。それに室温が30℃を超えても寒がる個体も。せっかく買ってきたのだが保冷剤はnanoが眠るときに使うことに。


このところの夜間の最低気温が25℃を下回ることが予想されない限りねじぃたちの床暖房は切っている。ヒトサマにはたまらないこのところの暑さだがこのところの日中気温は彼らには最適気温のはず。だが明らかに冬場に比べて水の摂取量が多い。水でお腹が膨らむからかペレットがなかなか減らない。


そこでねじぃたちの健康状態の目安である体重測定。
 オトコ組
  ツンツンbs
           ワイショー   86g
   クロベール  86g
  bb.フォイラー 100g
        フッキー    121g


おんな組
 xevy=anne       90g
    のっこ=mai    60g


水をがぶ飲みするワイショーの体重がついにクロベールと同じに。ピークから40gもダウンしている。同じ水をがぶ飲みするおんな組ののっこ−maiの体重がほぼ変化ないのと著しい差。のっこ=maiは57gから60gの範囲であまり大きく変わらない。彼女は我が家に来た日には57gだった。生後10ヶ月ですでに大人の女性だった。


デブだった個体のxevy=anneはペレットの数を減らした効果が出て100gから10g減って90gになった。一方でオトコ組のフッキーはペレットを減らしても全く体重が減らないし、この暑さにも全く影響を受けていない。彼の体重変化はたったの1gだけ。


体重変化で気になるのがワイショー。先日測ったら90gだったのに一日2日で4gも減ってしまった。彼にはタンパク質を補給するのが良さそう。もしかしたら糖尿かも。


余談:やっとdebianをusb-memoryに
が、めちゃくちゃ重くて使い物にはなりそうにない。まるで20年前のpcをいじっているんじゃないかと思えるほど。インストに8時間もかかったというのに。それにkey操作を誤って余分なものまで入れてしまった。print−serverもいらないしxfce−desktopもいらないので削除したい。window managerはfluxbox環境さえあれば十分。


日本語入力設定でまだazikの設定が終わっていないので文字入力が大変。早くローマ字テーブルを入れ替えねば。だが最近はそのテーブルがネット上で見つからない。困った。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。