ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

食欲減退

このところ皆食欲減退

食いしん坊だってそう

ヒトサマだってだるい

5月病ってそのせいも


気温が急に上がる次節や逆に急に下がる次節には体に変調も。それにともなって食欲も減退。ムリムリ食べてもいつものような満足感からは程遠い。むしろ苦痛も。


動物なら無理に食べることは普通はしない。ちょっと熱が出ただけでも食べないのが普通。学生時代馬術部にいたときに見た馬の生態がそうだった。


で、体重の方はどうなのって測ってみたら意外にも変化なし。特にヤセているわけでもなかった。逆に体重計の方が変化していた。いくら圧をかけても不思議にも0gだなんて。電池が消耗するとこうなるわけか。


この時節、体は大量にビタミンb群を消費すると聞いたことがある。それで体がだるく感じるんだと。それでかどうかは別としてビタミンb群を豊富に含む蒸しおさつを朝一のおやつに出している。


ペレットだがこれまで通常の消費数が5~8粒だったのを一粒ずつ減らしている。昨今の食欲減退に対応してさらに一粒減らした。その代わりかどうかは知らないがねじぃたちかなり水を飲む量は増えた。お陰で尿の量が増えて匂いがかなりきつい。できるだけケージ内を清潔に保ちたい。


余談:暖房効かせてますか?
まるで小鳥が巣にいるように集めた床材の中にうずくまっちゃいませんか。それって「寒いよう」というサイン。ヒトサマが「もう暑い!」と感じてもねじぃたちにはまだまだ暑いと感じるほどじゃない。なんてったって彼らねじぃの体温はヒトサマより遥かに熱いんだから。床材をかき集めてそれに穴を掘ってその中にうずくまり頭にも床材を被っているなら最悪。彼らには「寒すぎ!」ってこと。どうぞお大事に。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。