ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

半紙の床材

半紙の床材思った以上にいい

貧乏性で真っ黒になるまでと

書いたつもりが意外に余白も

黒ねじぃどこにいるかわかる



黒ねじぃのおんな組に半紙の床材。3、4cm四方くらいにちぎって入れた。黒ねじぃにまっくろけの半紙じゃねじぃが見えないかもと心配したが結構白い余白があったのでねじぃの居場所はすぐわかる。大量に書き損じは出るのでこれなら頻繁に床材の交換や補充ができる。おんな組ケージはずうっと清潔が保てる。


床材交換で久々にxevy=anneがパニック。最近は以前のように掌に載ってこなくなっていた彼女がしきりに掌に載ってきた。一方ののっこ=maiは普段からでたがりで床材交換のあいだじゅう度々脱走。


糞尿の匂いがfurにこびりついていた「くっせぇねえちゃん」のっこ=maiはこの際きれいな雑巾で拭ってやってケージに戻してやった。以来彼女はあまり臭わなくなった。そればかりじゃない。糞尿する際シェルターに床材を詰め込む行為は見られなくなった。


のっこ=maiのシェルターには糞と尿だけ。それによると小さな60g前後の体にしては糞の量が異常に多いことに気がついた。以前はどこでもトイレだったので正確な糞の量はわからなかった。


床材という環境が変わってからのxevy=anneの方は以前おしっこをしていた場所が変わってしまった。以前はそこだけを床から剥がしておけばケージ内を清潔に保てていた。はて、彼女は一体どこで今おしっこをしているのやら。


余談:理事退任後の楽しみ
 bb.フォイラーのケージを作ってやらねば。それにのっこ=maiにも。彼らにはケージ内にホイールを入れられる深さのケージを作ってやりたい。今は浅過ぎて、ホイールは蓋を開けたときだけのオプション装備。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。