ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

荒れる

ツンツンbsのケージからの異音

フタを開けるとデミタスを乱打

パンチングボールを打つように

ウォーターボトルの蓋も齧って


普段はおっとりおとなしいツンツンbsだが、先日ワイショーが噛みついてきた。しかも2度も。幸い彼らの優しさか、血が出るほどじゃなかった。それだけかと思っていたら・・・


このところ時折ツンツンbsのケージからの激しい異音。しかもかなりいつもより激しい。蓋を開けるとワイショーよりもさらにおとなしいクロベールがやはりデミタスを連打。


水でも飲みたいのかとウォーターボトルを吊り下げるとさっとワイショーが割り込んできて水を飲むかと思えばその蓋を齧り始めた。ウォーターボトルは旅行用の化粧液の詰め替え容器。蓋がついている。これまで蓋は齧られることなく無傷だった。


噛み付くことやデミタスの連打、そしてウォーターボトルの蓋を齧るなどこれまでなかった。ワイショーが噛みついてくることなんて想像もしなかった。


ツンツンbs大荒れ。春の嵐。満3歳を過ぎてもまだまだ若いツンツンbs。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。