ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

懐きすぎぃ!

新しく入ってきた女の子にしちゃあ

変に人馴れしていてベタ慣れぶりで

フタを開けるとすぐに縁に飛び乗り

即nanoの膝に飛び移りおやつの催促


のっこ=maiの話。ケージの蓋を開けた瞬間にはすでにケージの縁にぶら下がっている。一体どうやってケージの蓋が開くのを感じているのか不思議なくらい。掴まったケージの縁がnanoの膝から遠いとぶら下がったまま近づいてくる。


いきなりおやつの催促。キョロキョロあたりを物色。すぐにおやつじゃ躾に良くない。掴んでケージに戻すもすぐにまた。戻してウォーターボトル。ガブガブ飲むが一気には飲まない。ケージを一周りしてまた飲み続ける。来たばかりなのでいつでも水を飲めるわけじゃないということをまだ理解していない。


相変わらず吊り下げたデミタスの中は空っぽ。ペレットを入れてもホリホリ動作ですぐに掻き出してしまう。床材の中を残りのペレットを探して再びデミタスへ。


最近ペレットの種類を追加。ペットショップではsankoのハムスタープラスという小さなペレット。我が家ではニッパイのハムスタースペシャルソフトタイプ。追加した新たなペレットはニッパイのハムスターフードヘルシープレミアム。これは彼女には結構好評。


試供品としてもらったイースターの「ハムスターの主食ハムスターセレクションプロ」。我が家ではかなり不評。食いしん坊のフッキーやxevy=anneもよほどのことがない限り手を付けない。もちろん「のっこ=mai」も。数日前に3粒入れたが一粒も食べていない。


のっこ=maiがおやつを催促してきてもあまりおやつはたくさん渡したくない。そこで「握りおやつ」。かなり強く握った拳にも強引に頭を突っ込んできて一粒のおやつをゲット。かなり時間を稼げる。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。