ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

初の掌おやつ

水を飲みたいせいかしきりに


ケージの縁に飛び上がり掌に


そして初めて掌の上でおやつ


握りおやつもできていて完璧



ねじぃの食べ物への執念たるや実に驚くべき才能を発揮する。指の関節部分に小さな麻の実を載せて拳を握りねじぃに拳眼部(親指と人差指の側)を向けるとねじぃはその小さな隙間に首を突っ込み見事麻の実をget。


なんと驚くべき食物への執念。でも、こんな芸当どの個体でも朝飯前。我が家に来て何日もしないうちに誰でもできる。のっこ=maiは昨日それをやった。我が家に来て二日目のこと。


握りおやつができたら次は掌おやつ。今朝も水を飲みたいばっかりにケージの縁にジャンプ。手を差し出すとスンナリ載ってきた。そこで「3粒ルール」適用。欲張りにも麻の実3粒全部咥えてケージに飛び降りる態勢。ケージに戻るとお好みのコーナーに駆け寄りガツガツ。


もう一度掌に載ってきたとき今度は見事掌の上で3粒全て食べた。これで掌おやつ完成。記憶を固定させるためもう一度試すとちゃんとできた。でも、我が家に来て早いうちからおやつに親しむと「おやつ依存症」になりかねない。調教はこれまで、ということで終了。


このところ新しい子の調教でnano大変身。まるで初めての赤ちゃんのケアに没頭してパパを蔑ろにするママみたいに。でも、ほかの子の面倒もしっかり差別なく見ています。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。