ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

懐かしい光景 #2

朝ケージを開けてペレット差し出すと

xevy=anneはスンナリ受け取り食べた


何と懐かしい感激的な光景だろうか!


しかしそれは超食いしん坊の彼女だけ



これまで彼女には寝る前にペレット8粒。それを一粒減らして7粒に。それだけじゃない。蒸しオサツの量をこれまでよりぐっと抑えた。さすがにこれまでの4分の一じゃ少なかろうと3分の一に。でも、彼女は昔懐かしい光景を披露してくれた。


他の子はまだいきなりペレットを受け取って食べるまでには至っていない。それでも水は実に勢い良く飲む。水を嫌ってケージの縁に飛び上がってきておやつを催促する個体はいない。今のところそれでいい。


ねじぃたちには健康で長生きしてほしい。そのためにはちゃんと栄養バランスが取れている優れた食品であるペレットを食べて欲しい。そして健康長寿のためには肥満しないで欲しい。これまで無意識のうちに試してきた彼らの食生活改善だ。


その努力にも関わらず「おやつ依存症」にかかった個体も。不幸にしてそれらの個体は我が家の平均的な寿命に達する前に亡くなった。こんな不幸なことは繰り返してはいけない。というのが今取り組んでいる試み。


ねじぃ、スナネズミはアレチネズミの一派。アレチという言葉が示す通り決して食物に恵まれた土地ではない地域に生きるネズミたち。だから野生では肥満などありえない。ペットになったからと行ってそうそう体質が大きく変わるわけがない。肥満大敵。


普段から野性的なスリムな体型をしていると食べ物に対して貪欲に。猛烈な食欲。それがねじぃの魅力でもある。そして健康で長生きして長いことそばにいてなごませてもらいたい。xevy=anne以外の面々も早く朝一でペレットを受け取ってかじってもらいたい。


今朝のxevy=anne、ペレットを受け取るといきなり立て続けに4粒を平らげた。さすがどか食い屋。それでもスリムな体重80gで元気いっぱい。


余談:飛べないカラスの話
   ほうぼう探したが見つからず。ホームレスが飼っている2匹の黒猫の餌を盗み食いするのはかなりの冒険。まさか猫に食い殺されたかとも思ったがカラスの黒い羽は見当たらない。とするとまだ生きているのかも。飛べるようになったのならいいのだが。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。