ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

ジャジャミーナの脱走

ジムから帰宅してお茶を飲んでると


すぐ近くでガサッとかドサッという音


見ればジャジャミーナの横顔がそこに


こいつが脱走したとなるとフッキーも?



「見つかったっ!」とばかりに急ぎ逃げようとするジャジャミーナを手掴み。女の子にしては猛烈にドン臭いジャジャミーナ。脱走犯になっても軽く手掴みで身柄確保できる。急いで同居者のフッキーが脱走していないかケージを覗く。幸いフッキーはケージに残っていた。あまりにデブなのでケージの蓋の狭い隙間からは脱走できなかったらしい。


ジャジャミーナをケージに戻しても何かをしきりに探そうとする様子。普通は脱走すると喉が渇くらしいので水を与えるが一向に水を飲もうともしない。それなら空腹でおやつでもと思って麻の実やヒマタネを与えてみても取ろうともしない。


やむを得ずケージに戻してもすぐにケージの蓋の上に飛び出す。いつもならそこでおやつを食べるのだが全くおやつには反応せず。ケージの蓋の上でもしきりに何かを探して後ろ足で立ち上がりキョロキョロするばかり。


結局、ジャジャミーナが何を探し求めていたのかはわからなかった。ケージの蓋から掌に載ってきた時おやつを与えたがやはり受け取らず。どの子にも共通するけどすぐに肘の方に走ってきたのでケージに戻した。そこでフッキーとイチャイチャ。


ジャジャミーナとフッキー、この2匹は実に仲がいい。日中暖房を切っていて夕方nanoの帰宅が遅れると、寒がるジャジャミーナのためにフッキーが仰向きに寝てその上にジャジャミーナがうつ伏せになって眠っている光景がしばしば。




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。