ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

たった2匹で

決めつけるのどうかと思うけど


ライラックってみんな小型かも


世間一般ではどうだか知らんけど


皆さんちのライラックはどう?



確かに我が家でのライラックの飼育ケースはたったの2匹、男の子1匹と女の子1匹だけ。どちらも食が細く、ペットショップから我が家にやってきて以来体型はあまり大きくはならなかった。


我が家初のライラックであるライラは実に食が細かった。食べ物を差し出しても直接受け取らず、床に置いてやらないと受け取らなかった。また、めったにペレットを齧る姿も見られなかった。


一方、今生きているライリー=ホイランも食べ物はおやつしか直接には受け取らない。甘やかしの結果我が家の個体に共通するものだが。でも、彼がペレットを齧る姿も極稀にしか見られない。


ライラもライリー=ホイランもごくごく小型の体型。ライラなどは娘のノーマのおもちゃ。時々ノーマにドテーンと投げ飛ばされたり、水を飲んでいても後ろからノーマに頭を押さえつけられて水飲み順を奪われたりだった。


ライリー=ホイランはツンツンbsの中で一番のチビでヤセ。118gのワイショーに対して何と、たったの78gしかない。その差は40gも。


ライラだって食欲旺盛の時期はあった。それも2度。一度目は妊娠授乳期、2度目はあまりに細身なので重点的におやつを与えていたら、太ったもののかなり苦しそうで一時は死ぬんじゃないかと思われる危機もあっておやつの量を圧縮した。


同じように見えてもねじぃ、ジャービルは実に個性豊か。だから、体型や食欲も自然のママが一番かも。それも個性だから。


皆さんちのライラックはどう?

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。