ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

肥満対策

とうとう125gのデブチンになったフッキー


ジャジャミーナが粉にしたペレットもナメナメ


多頭飼いだと肥満対策もなかなか大変


残っていたしおれたキャベツさえもガツガツ



おっ、とうとう120gと思ったのも束の間。たった2日で5gも増加。この分だとこの先どれほどのデブになるやらといろいろ心配。デブなのでケージの縁までジャンプはできないものの伝え歩きでケージの縁まで上がっておやつの催促。


こうなるとおやつで調節するしかない。当然おやつにはヒマタネヤ麻の実は無し。その代わり身につかない野菜が一番。人もペットも最後の手段はやっぱりこれに限る。


たまたまショッピングバッグに取り出し忘れたキャベツの外葉がしおれて残っていたので試しにこれを与えるとガッツク。しかも、ジャジャミーナに取られちゃかなわんとばかり隠れてムシャムシャ。どこまでも食い意地が張っているフッキー。


同じく120g超えのワイショーにもしおれたキャベツの外葉を与えてみるとやはりコソコソと隠れてムシャムシャ。隠れて食べているところを痩せっぽちのライリー=ホイランに見つかってしまった。こればっかりは痩せっぽちには食べてほしくはなかったがかなり人気の食べ物らしい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。