ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

現行犯目撃

何故かいつもペレットが粉々


爪研ぎ用の植木鉢の中にも


ペレット入れの小皿の中にも


注意する中ついに現行犯を目撃


フッキーとジャジャミーナのケージの中のペレット容器の中のペレットの粉の話。始めのうちはあまり気にもかけてはいなかったけど、ケージの掃除をする際、その粉はペレット容器だけじゃなく爪研ぎ用に入れておいた植木鉢の中からも大量に出てきたので何故そうなるのかを気にかけてきた。


食いしん坊のフッキーがそんな罰当たりなことをするはずがない。とすればジャジャミーナか。思い当たるフシがある。ケアの際必ずジャジャミーナはケージから飛び出して隣のxevy=anneのケージの蓋の上に飛び上がる。そのまま放置しているとそこから転落してそのまま脱走になったことはしばしば。そこでいつもヒマタネを1,2粒投げて食べさせることにしている。


ヒマタネを投げてやると手前まで取りに来てnanoから一番遠く離れたケージの蓋の端に行って食べる。体の小さな彼女にはそれだけでおそらく一日の食事の量になるのかも。だからペレットを食べる必要はないのかも。ペレットは齧り木の代わりになってしまったらしい。ケアでケージの蓋を開けた時にペレットを粉々に噛み砕く犯人を発見。


偶然にも現行犯を目撃。なんと、ジャジャミーナはペレット容器の中に座り込みせっせとペレットを噛み砕いていた。ペレットを粉にするには二段階。まずはじめにペレットを八分の一ほどに荒く砕く。仕上げにそれらをさらに細かく噛み砕く。


重要容疑者と見込んでいたが読みは的中。フッキーは肥満なのでおやつはかなり控えめにしていたが、ジャジャミーナは63gほどで痩せでフニャフニャなのでおやつは多めにしていた。そのせいでジャジャミーナは「おやつ依存症」になるのではという懸念があった。残念ながらその懸念も的中してしまった。


お仕置きとして明日からはジャジャミーナにはおやつなし。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。