ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

サフラワー

初めてのおやつサフラワー


個体によって反応は様々


全く食べない子もあれば


隠れてむさぼり食う子も



ペットショップでねじぃの新しいおやつ発見。それはサフラワー。袋に書かれていた「エネルギー補給に最適」というのが気に入った。さらに袋の裏側には、「特徴/ リノール酸(必須脂肪酸)を多く含む小鳥、小動物に適した穀物です」というのが気に入った。


ねじぃ、ジャービルはハムスターと違ってとても活動的。だからこのサフラワーというおやつはまさに袋に書かれている通りねじぃには「最適」。サラダオイルやマーガリンにも含まれることがあり、健康食品でもある。


皆が皆喜んで食べるものと思っていたが現実はそうでもなかった。我家で一番活動的な女の子xevy=anneに最初に与えたが受け取ることは受け取るものの食べず。それでも欲の深い彼女はシェルターに溜め込んだだけ。食べ物に関しては彼女はとても保守的、馴染んで大好物になるのには時間がかかりそう。


次にフッキーとジャジャミーナ夫婦。ジャジャミーナに与えたら食べようとしたがすぐに床において後ろ脚で蹴飛ばしてしまった。食いしん坊のフッキーはシェルターに潜り込んでガリガリ。結構お気に入り。


一番人気のあったのがオトコグミのツンツンbs。しかし、どういうわけかどの個体もnannoの掌の上では食べず、ただ口に咥えるだけ。仕方なくケージに戻すと大急ぎでシェルターに潜り込み、シェルターの奥の壁に向かってガリガリ。誰にも取られたくない大変なごちそうと受け止めたらしい。


ツンツンbsの中でもとりわけ食いしん坊でデブッチのワイショーは食べる前からサフラワーの実を受け取った時から「これはごちそうだっ!」と直感したらしい。いつもならおやつを受け取ったらすぐに掌の上で食べ始めるのになんだかソワソワ、しきりにケージに戻りたがる素振り。サフラワーにはねじぃを惹きつける何か特別な匂いでもあるのだろうか。


皆が皆nanoの掌の上ではサフラワーを食べないのが少々問題。サフラワーの殻は麻の実やヒマタネと違って「パチン」と真っ二つには割れない。割れたかけらを見ると結構鋭い。ねじぃ得意の「鼻ブルドーザー」で床を推しまくるとそのうち鼻に突き刺さりそうで怖い。


今一つの問題はお値段が結構お高い。サフラワーの実は種らしいのでベランダででも栽培してやろうかなんて思ったりする。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。