ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

なぜ黒い子?

買い取り予約したのは黒い子だ

なぜ黒い子かよく売れ残るから

でもそれだけじゃない訳もある

食欲旺盛で懐き安くしかも丈夫


これまで買い取りした売れ残りの中で本当に黒い子は2匹だけだが、パイドの1匹も加えると3匹。今度迎えると4匹目となる。


黒い子が売れ残っていたら買おうと思うようになったのは買ったからではない。ライラックとノーマルから生まれた5匹のうちの2匹が黒い子だった。男の子1匹と女の子1匹ずつ。ほかの3匹は皆ノーマル。残念ながら母親似のライラックは1匹も生まれなかった。


生まれた黒い子はとにかく食欲旺盛。ほしければ親兄弟の分までぶんどり。体格も飛び抜けていた。怪我や病気もしなかった。残念ながら男の子は太り過ぎが原因と思われる頓死を遂げたが女の子は最後まで長生き。


食欲旺盛なので人にも懐きやすかった。手を近づけると何か貰えそうとでも思うのか手にもよく載ってきた。その可愛さは格別。それに身体が丈夫なので病気知らずで手間いらず。


その後売れ残った子を買い取ったうちで記憶に残る子はズシ。脳梗塞か何かで後肢が麻痺したにも関わらず奇跡的に回復。しかも複数回の回復。強い生命力。そんな丈夫さも魅力。


余談:顔露出危険!
このブログの読者には女性も。気になるのは顔の写真が記事にアップされていること。公開ブログは不特定多数の目に触れる。残念ながらその目全てが善意とは限らない。思わぬ犯罪被害に合わないとも限らない。コメントでそれを知らせようとするも、そもそもコメント機能が削除されていることが少なくない。それも不思議。ブログってもともとコミュニケーション手段のはずだが。コメントのやり取りも楽しみの一つと思う。如何?


というわけでコメント大歓迎。自己ブログの宣伝のためのものじゃない限り必ずresします。muragonの会員じゃなくてもコメントできます。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。