ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

追いかけっこ

またまた目撃してしまったのは

ワイショーとクロベールの2匹


あまりにも素早い追いかけっこ


個体識別できずでも確実に・・



ワイショー、クロベールそしてライリー=ホイランの3兄弟。ライリー=ホイラン亡き今、ワイショーとクロベールの仲が気になる。もともと両者は仲が良かったわけじゃなかった。クロベールと仲が良かったのは亡きライリー=ホイラン。今夜また目撃、ワイショーとクロベールの追いかけっこ。亡きものが見つからないイライラか。


生前仲が良かったり縁の深い個体が亡くなると、残された個体は亡き個体を探し回る。その労力は大変なもの。ときにはそれで命を落としそうになることも。今それを経験しているのはクロベール。ライリーホイランが健在のときには93gあった体重が今83gに。なんと,10gも減。痛々しいほどのヤセ方。やや筋肉も落ちている。


今夜ふと気がついたのだが、兄弟の死にあまり影響を受けていないと思われていたワイショーが異常に細くなっていた。たまたま彼がつめとぎ用の素焼きの植木鉢に乗っている姿を目撃。あれ、随分スリム! そんな第一印象。


以前彼は106gだったが今夜は100gジャスト。まあ男の子の理想体重のリミットいっぱいだが痩せてしまったことにはややショック。遺族の2匹は来月満3歳を迎える。もはや老年期。それと亡きものを探し回る心労や体力消耗のダブルで体重減。喪失感を癒やすためには食物ではしたくない。食生活のスタイルが変わると健康被害が気になるから。


彼らが気を紛らすためのワクワクする事は実はある。それは床材のストックに飛び込む「ワクワクダイブランド」。今予備の床材は全て使い果たして在庫ゼロ。明日あたり床材をせっせと作ろう。そしてミニ水槽で「ワクワクダイブランド」オープンへ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。