ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

なんと贅沢な!

近頃ねじぃがキャベツを食べないので

思い切って白く柔らかな部分与えたら


みんなしっかり食べておかわりさえも


ヒトサマと同じものを食べるなんて!



スーパーからただで貰ってきたキャベツの外葉。もらってきてすぐの新鮮なものはみな喜んで食べるのに、ちょっと萎れてくると食べるのは食いしん坊のワイショーとフッキーだけ。


鮮度が落ちたキャベツにはもともと野菜をあまり喜んで食べないxevy=anneやクロベールは鼻で匂いを嗅いだらツンとして逃げてしまい、食いしん坊のbb.フォイラーでさえ腹を押し付けてきてネコマタギ状態。


そこで、キャベツの白くて柔らかい部分を与えてみた。皆が喜んで食べた。しかもおかわりも全員が。これからはねじぃもヒトサマ並みのものを食べることに。考えてみるとねじぃってものすごく贅沢。麻の実だって殻を割って実の部分だけしか食べない。ゴマ粒を与えたときも殻を割って食べていた。胡麻よりさらに小さなエゴマさえも。


ヒトサマだったら麻の実やゴマ粒の殻を割って中身だけ食べて殻を捨てるなんてありえないというのに。麻の実、七味唐辛子に入ってるあれ。ヒトはわざわざ麻の実の殻を割って中身だけ食べることなんかしやしない。


ネズミによく似たコウモリ。その中の一種、フルーツバットがバナナの実を食べるのを見たことがある。小さな塊を何百何千回と言うほど噛んだ後繊維部分と思われるものを吐き出した。フルーツバットのケージからはその滓が発酵してアルコールっぽい匂い。


ヒトサマはバナナの実に繊維があることさえ思いもつかないと言うのに。何という贅沢な食べ方か!コウモリはねじぃなどの齧歯目とは目が異なるが食物の摂取のしかたが似ている。ともに贅沢な食べ方は共通している。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。