ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

気になる遺族

ライリー=ホイランがなくなって2匹に

3匹のときは一緒に並ぶことがなかった

ワイショーとクロベールが今いつも一緒

運動量が増えてこのところ水をゴクゴク



ライリー=ホイランの生前には彼がほとんどホイールを独占していた。だから他の兄弟はめったにホイールランはできなかった。ところがライリー=ホイランが亡くなるとワイショーがしきりにホイールラン。


ワイショーはホイールランだけじゃなく今なおライリー=ホイランを探しまわっているらしい。それでのどが渇いて水を飲む量が多いならそれはそれで理解できる。しかし、問題は彼の肥満。今では我が家の5匹の中ではダントツのデブ。


ワイショーが今ダントツのデブに躍り出たのはこれまでのスーパーデブのフッキーが今じゃデブの2番手に転落したため。それはペレットの削減によるダイエットとおやつの削減、そして今なお愛妻のジャジャミーナを探し回って運動量が増えているため。


ワイショーは今のところ病的な急激な体重の減少は見られない。ただライリー=ホイランを探し回ったりホイールランの頻度が増えて以前よりは2,3g体重減少。水を彼がよく飲むことは今後も注意深く観察していくしかない。


ワイショーは今体重113gで以前よりは3gほど減少。ペレットの摂取量を減らしたいのだがクロベールと一緒なのでそれは無理。だから朝一には必ず葉物野菜。これが糖尿病のリスクを減らせるらしい。そして麻の実やヒマタネはめったに与えない。たとえ同じケージのクロベールに与えたとしても。


年が明けると間もなくツンツンbsはめでたく満3歳。しかし、今のように100gオーバーだと誕生日を迎えることは多少無理っぽい。せめて兄弟のクロベールの93gくらいまでスリムにならなきゃ。きっちり生真面目で仕事熱心そして真面目にペレットを食べるクロベールを見習えばいいのだが。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。