ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

ダイエット成功だが

スーパーデブッチの体重が-5g

改めて驚いたのがその猛烈食欲

一日分のペレットが半日持たない

xevy=anneだって全くおんなじ


ドカ食いアメリカンのフッキーの体重が全然減らなかったのに、ペレットの数を減らしたら激減。愛妻のジャジャミーナが亡くなったあと132gから125gまで一時落ちたけど、すぐに1g増えてそのまま変わらず126gだった。


今朝測ったら121gに、かなりの成果。しかし、気になるのがペレットの減り方。朝いちで4個のペレットが昼にはもうない。この計算で行くと1日に8粒以上必要か。実に大食漢。xevy=anneだって全く同じ。4粒じゃ半日持たない。この際2匹には一日6粒に変更。


今のところフッキーは愛妻の捜索活動で運動量は多いけど普段はホイールランだって「ノタノタ」走りでまるでゴルハム並み。そういやぁ体型や体重だってゴルハム並みだけど。一方のxevy=anneはものすごい運動量。ホイールランだって全力疾走。シェルター転がしや床材掘りもものすごい。半日でケージ内の景色が激変。


今夜スーパーで買物の予定。いつものようにキャベツの外葉をもらってこよう。そしてねじぃたちのおやつに。しかし、最近野菜の高騰でそれが手に入るかどうか、心配。そして、心配というより残念なのがねじぃたちの秋の楽しみであるナツメを拾い集めることができなかったこと。今朝隣の公園でナツメの木の下を見たらおやつになりそうなものはなかった。実は全て落ちたあとだった。


単独飼育のケージ内の個体群のダイエットは順調だが複数飼育のツンツンbsのダイエットは困難を極めている。相変わらずボスクラスのワイショーはその体重116gのまま。今後は他の2匹、クロベールとライリー=ホイランがお好みのおやつを食べているときにこのワイショーにだけは葉物野菜を与えて調節するしかない。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。