ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

大出血

ジャジャミーナが水を飲んでいると

体の下に大量の血溜まりがポロポロ

ボトルからの水漏れかと思われたが

灯りをつけて見ると紛れもない血だ



朝一、きのうバザーで買ってきた間引きの大根葉。皆勢い良く食べた。しかも異変は見られず。ただ一人ジャジャミーナがその後水を飲んでいたときの出血。しかも後から後からポロポロの大出血。


薄暗くてよく見えなかったのではじめはボトルからの水漏れかと思われた。しかし、灯りをつけてその水たまりをよく見ると明らかに血。水を飲み終えてどこからの出血か確かめようと捕まえて確認しようとしたが暴れて捕まらず。


追及の手を逃れたジャジャミーナは突然横に倒れた。しかも引きつけ。この時ばかりは「とうとうお迎えが」と思われた。しかし、その後起き上がり元気に殻を取ったヒマタネを食べ始めた。


ジャジャミーナの出血はもしかしたら流産によるものか。今のところ原因は不明。ジャジャミーナの体の大きさから見て素人目にも致死量ではと思われた。倒れたときの引きつけは出血によるショックか。


ねじぃ、ジャービルに対する姿勢は基本的には「野にあるごとく」。彼らが野にあれば具合が悪いからと言っても獣医に診てもらうことはできない。第一、野には獣医なんていない。まして具合が悪くなったからといって、獣医に診せるというのは彼らには耐え難いストレス。


彼女はもともと食が細くて痩せている。斜頸になってますます骨と皮ばかりで体力が落ちている。それを外に持ち出すだけでさえ大いに体力にダメージを与えてしまう。外に持ち出せば急激な気温の低下や異音や振動に嫌でもさらされる。良かれと思ってやることが彼女の死を早めることになりかねない。


ジャジャミーナには具合が悪くなれば大好きなフッキーのもとでお迎えの時を迎えさせてやりたい。そう思う。今でも彼女に安心して食べ物を食べさせたいとフッキーと切り離した時食べるのに夢中になっているうちはいいとして、ふと気づくと側にフッキーがいないことに気づくと大パニック。高い所からの転落や、硬いものに頭部を打ち付ければ死に至る危険も。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。