ジャービル讃歌(100%)

癒しの”天使のネズミ”、ジャービル(スナネズミ、ねじぃ)の観察記を下手な詩とエッセーで。

今日も

今日もケージの縁に飛び上がり掌に載ってきた

すかさずツンツンbsのケージの蓋に飛び降り

匍匐姿勢で走り回りあちこちに漏らしっぱなし

掌に戻してもすぐにまたケージの蓋に戻るのは?



お漏らしは「チビリション」じゃなく「ウレション」らしい。今日のおもらしはウンチを二粒ずつ3回、ションの方は数知れず。おかげでケージの蓋の上は漏らし模様だらけ。


ケージの蓋の上で走り回るのがよほど嬉しいらしく、その時は掌を差し出しても載ってこない。また、かなり興奮していておやつを差し出しても全く反応無し。これまでの他の個体と同じ。


だんだん慣れてくるとケージの外でもおやつを食べ始める。その日が楽しみ。そしてやがて掌の上でも。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。